categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categorylog

まど☆マギについての個人的感想

trackback0  comment0
感想なんてもともと個人的なものなのだけど、小心者なものでわざわざ”あくまで個人的な見解”と断っておきます。

数人の友人に”見ておくべきアニメ”だと幾度となく強く勧められたので、意を決してまど☆マギを見てみた。どうにもキャラクターデザインが苦手でこれまで見る気になれなかった。

でも監督が新房さんだし、脚本がうろぶっちーだし、音楽が梶浦さんだし、劇団イヌカレーだし、というアニヲタ的な興味で自分を説得。
で、見てみた感想。

確かにこれは見る価値のあるアニメである。
いやしくもアニヲタを自認するなら(認めたくないけど)押さえておくべき、エポックな作品であらう。



で、見てみてどうしてキャラデザが苦手なのか納得できた。


キャラクターのほんわか具合とタイトルの”魔法少女”が、ストーリーのシリアス具合を隠す煙幕なんだと十分納得した上でも、やっぱり好きになれない。色鉛筆で子供が描いたような可愛らしい女の子が、重い運命を背負って生死を賭けて戦っているというのが、どうしてもイヤ。

視聴者の意表をつくためだけに、こんな過酷なこと押し付けるにはあまりにも可愛らし過ぎる。


東京都の非実在うんちゃらとかの条例はバカバカしいと思うし、アニメや漫画が犯罪の原因になるなんて思ったこともない。
それでも、可愛らしい少女が性的対象として消費されるのはどうしても不愉快だ。
自分の商品価値を自覚してアピールしてくるようなキャラクターならともかく、このまど☆マギみたいに赤ちゃんみたいな少女がOPの10秒かそこらでも、セクシーな変身シーンでサービスするというのが許せない。

化物語とまで言わなくても、せめて絶望先生ぐらいに年相応な中学生に描かれていたら、ここまで拒絶反応無かったと思う。

まあ、実際の14歳は私が思ってるよりずっと大人だし、過酷な現実と戦っているんだと思う。
本物の14歳はこのアニメを見て、自分を見つめ直したり励まされたりするかもしれない。

このアニメを大人の男性が消費していることがイヤなのだ。
いたいけな幼女がいたぶられるのを見て、何らかの快感を得ているかもしれないと考えるだけでぞっとしてしまう。

というわけで、やっぱりこのアニメを好き、とは正直言えない。
ストーリーも美術も音楽も素晴らしいと思うのだけど。


あ、あくまで私の個人的な好みですからね!

もともと目が四角い萌えっぽい絵柄は好きじゃないのである。
Fate/Zero だって女性陣のデザインが幼くてイヤだと思っているのに。

大人が過酷な運命を描きたいなら、大人が背負えばいいじゃん。
子供はすでにもう十分背負い切れないほど背負わされてるんだから、ファンタジーでぐらい過保護にしたっていいじゃん。


いや、こういう甘ちゃんな考えだから、私の小説とか漫画は盛り上がらないのよね。
わかってはいるんだよ、うん。


スポンサーサイト

〔テーマ:感想ジャンル:アニメ・コミック

 









        
 
http://hadukipiper.blog42.fc2.com/tb.php/196-e2110679
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。