categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryブルー・サブマリン(そーうつ日記)

カオスをコスモスへ。

trackback0  comment0
 ずっとガンコにガラケーを使っていたのだが、去年の春にスマホ・ユーザーになってしまった。
 次々にガラケー用のサービスが廃止になって、仕事用のメールが開けなくなったのが主な理由。それと電子辞書を買う必要があって、辞書本体を買う値段とスマホが同じぐらいの値段なので、スマホに辞書ソフトをダウンロードすればいいのか、と気づいたからだ。無料の語学勉強用アプリもいろいろあるし、他にもあれこれまあ遊べるアプリもあって、とにかくあっという間にスマホのヘビーユーザーになってしまった。

  くそう。悪魔の機械だ、これは。堕落である。依存性である。今、おそらく半日手放していられないだろう。情けない話だ。レイ・ブラッドベリが何と形容することだろう。

 ところで最近スマホのジグゾーパズルにハマってしまった。
 絵葉書にするにも退屈なぐらい毒のない綺麗な画像がバラバラのパーツになって表示されるのを、ひたすらポチポチ並べ替えるだけのゲームである。
 無心になれるかというと、全然そんなことはなくて、ポチポチ並べ替えながら脳内はすごい集中力でひたすら今一番気になることを考えている。むしろ何か気にかかることがあるとパズルを始める。猫が緊張が高まると毛づくろいを始めるようなものである。何だかわからなかったバラバラの欠片の中から、白夜の空や異国の町並みが現れる。パズルが完成すると懸案事項に答えが出るかというと、これも全然そんなことはない。でも5分ぐらいとにかく綺麗な景色を組立てながら集中して考えてみて、パズルを閉じる時に考えるのをやめる。置いておく。そういう習慣にしている。お手軽な座禅みたいなものだ。

 一日一枚ずつ新しいお題が来る。組み立てるまでどんな風景かわからない。朝焼けか夕焼けか青空か。もやもやした混沌を調和に導く代わりに、手のひらサイズのピースフルな絶景を作る。それで何かちょっとだけ解決したような気になる。本当の正解なんて神様しか知らないんだから、これでいーのだ。

 それはそれとして、パチンコにハマる人の気持ちが今まで理解できなかったが、パズルをしていると部分的にわかるような気がして来た。今でも紫煙の充満するあの騒音凄まじい窓のない空間にみっしり詰め込まれたいとは思わないけど、ひたすら単純作業をして”当たり”を得た時の快感というか陶酔は、ちょっとわかる。パズルのピースが次々にかっちりはまり込んで絵が現れる時、確かに何か脳内物質が出てる。

 野菜とかニワトリを育てる系と、こういう呑気なパズルとか詰将棋ぐらいしかゲームやりませんよ、私は。闘ったり追いかけたりされるのは夢に出そうでイヤだし、根気無いし。今日も平和にぽちぽち。それでいーのだ。


スポンサーサイト
 









        
 
http://hadukipiper.blog42.fc2.com/tb.php/221-920f4e3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。