categoryブルー・サブマリン(そーうつ日記)

ブルー・サブマリン vol.1

trackback0  comment0
イエロー・サブマリンはイングランドのヤンチャ坊主4人がハッパでぶっ飛んだ歌だけど、こっちのサブマリンは抗ウツ薬や精神安定剤や日照量や日々のストレスで浮かんだり沈んだりしているお話。


かれこれ、もう10年近く抗ウツ剤のお世話になっている。

さっぱり眠れなくなったとき、”ウツ病”と診断され、いろんな薬を試した挙句、3年前”ソーウツ(双極性気分障害)”ではないか、ということで炭酸リチウムを摂取するようになってようやく好転した。

ソーウツの人が抗ウツ薬ばかり大量に摂っていると、ウツ症状がひどくなったり、躁転したりするそうである。
私の場合もまさにそれで、職場で泡吹いて倒れた。救急車で運ばれて点滴打たれたあたり、記憶が無い。直前まで元気すぎるぐらい元気にはしゃいでいたらしい。

救急車で運ばれたのを期に転院し、今の主治医の先生に会うことができた。

今はようやく仕事に戻れそうなところまでやってきた。
元気になってみて、改めて自分はビョーキだったんだなあとわかる。
”気のせい”のような病気なので、周囲どころか本人の理解も得られにくいのである。

ちょっとずつこの10年を思い出して、自分の症状を分析してみよう。


とりあえず今思い出すのは、ウツの間、景色がものすごくきれいに見えていたなあってこと。
きれい過ぎて、夕焼けを見ただけで首が吊りたくなって危険だ。
でも絵を描いたり作曲したりする職業なら、このぐらい感受性強い方がいいんだろうなー、でも生きにくいだろうなーと思う。
まあ、私は芸術家じゃないので、適度に鈍感な辺りにダイアルを調整しておこう。


スポンサーサイト

〔テーマ:(´・ω・`)・・・・ジャンル:日記

 









        
 
http://hadukipiper.blog42.fc2.com/tb.php/85-0e683c97